首页 | 中文版

北京小湯山病院紹介

  北京小湯山病院(北京小湯山療養院、北京小湯山リハビリテーション病院、北京国際薬膳博物館)は、北京北郊の千年古鎮―昌平小湯山鎮に位置してある。本院は、衛生部保健機関及び北京市の幹部身体検査の保健基地である。そして、全国の健康管理モデル基地と北京市党政機関会議の指定病院でもあり、北京市三级総合病院、医療保険指定病院と労働災害リハビリ機関である。

  本院の所在地は、歴史が悠久な療養地で、歴代の帝王と高級官僚の宸游地として利用され、明清2代には温泉行宫であった。院内には、今にも明代の温泉池、乾隆帝の「九華分秀」御笔、慈禧の銭湯遺跡、及び北京市最初の温泉井「湯泉1号」などの名跡が残っいる。本院は、1958年に、北京市の四つ療養院が合併したもので、面積は約600畝余りにも上る。緑地が10万平方メートル、湖区域が3万平方メートルを占め、優れた景観を有している。小湯山温泉は、人体に有益な多種の微量ミラレルを豊かに含んだ中国で歴史が長い有数の温泉でもある。

  本院は、MRI、CT、肺機能テスタ、カラードップラ超音波、自動生物化学アナライザ、経頭蓋ドップラ超音波血流アナライザ、骨密度テスタなど優れた大型医療機器を保有してあるだけではなく、さまざまな室内スパ、マッサージ、理学療法、リハビリ、ジムなど医療、リハビリ、健康シリーズを備えてある。本院では、健康管理や健康検診、外来診療、入院治療、健康休養、総合リハビリ、科学的なボディービル、会議レセプションなど、多様なサービスを提供することができる。

  本院は、中国国内で最初に展开された健康休養、健康検診や健康管理の専任機構の一つとして、豊富な健康管理の経験を積んいる。病院は、「健康の4つ基礎」をサービスの趣旨として掲げている。そして、健康休養、健康検診、健康リスク評価、病気の早期警報、検後のフォローアップ、慢性疾患、およびハイリスクグループの生活方式介入、健康教育と健康促進を統合した健康管理パターンを確立し、全国で、有名な「小湯山大健康」の健康管理ブランドの確立を目指している。本院は、健康管理を核心として、健康管理や健康保健療養、総合医療リハビリテーションと良質な会議サービスの一体化を発展させるのを図る。
日本語
北京小汤山医院

Contact us | Emali | Legal Notices | Map | Down center | Help

Contact telephone number:010-61781818 E-mail:bjxtshospital@sina.com
北京卫生信息网